読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハトホル

こんばんは。

最近、週末も疲れがとれなくて、今日も自然と5時に眼が覚めてしまいました。

ワインが腸内細菌に良いとの情報が、今更ながら再度頭に入ってきたので、今日は安い赤ワインを飲んでます^_^。

さて、最近読んだ本の中に、ハトホルという違う宇宙の存在が出てきました。

以前、ゆめの中で黄金に輝くピラミッドのある世界にいるゆめを見ました。そこは黄金に輝き、ピラミッドがありました。男性の神官に?案内されている夢でした。最初は古代エジプトだと思ったのですが、違う宇宙のハトホルの惑星だったのかもしれせん。というのは、夢の中にハトホルとう名前が出てきたからです。最初はエジプトの歴史上のハトホルかと思っていたのですが、最近読んだ本に宇宙人の種族にハトホルがいると記述されていたために、もしかしたらと空想^_^するようになりました。

ハトホルという種族は私達とは違う宇宙にいるようです。アルクトゥルス人の宇宙探索によってハトホルに接触したようです。アルクトゥルス人は彼らを私達の宇宙に招待するためにシリウスで待っていたのですが、出現した彼らの宇宙船はさながらオウム貝のようで、アルクトゥルス人のミサイルを配備している戦艦(宇宙戦艦ヤマトみたいな(私の想像

))とはだいぶ異なっているようで、まったく戦闘タイプではありません。彼らは戦闘が始まりそうになったら瞬間移動でその場を離れるだけなのです。

さて、私達の宇宙はシリウス経由で違う宇宙と繋がっているとのこと。

ハトホルの種族はアルクトゥルス人の探索によって発見され、アルクトゥルス人とともに地球の周りの太陽系の守護に関わり、古代エジプトに愛のエネルギーを注ぎました。ちなみにハトホルが私達の二元性の宇宙に適応するために100万年を費やしたようです。

楽しいですね。

そしてなぜかスピッツの歌で終わります

ロビンソン

 

https://m.youtube.com/watch?v=51CH3dPaWXc

 

ではまた。